糸暦(いとごよみ)

ハンドメイド情報サイト

布団とじ糸は入手困難?布団とじ糸の代わりの糸(代用品)をご紹介

糸を作っているメーカーさんの数が、以前に比べて少なくなってきました。

そのために特殊な商品は入手困難となってきたものがあります。

 

そんな商品の一つが布団とじ糸です。

かつては、座布団や布団を仕立ててくれるおばあちゃんのいる家庭が結構あったので、手芸屋さんの店頭に「布団とじ糸」が当たり前のように品揃えされていました。

しかし今では布団とじ糸を必要とされるお客様がすごく減ってきて、それを作っていたメーカーさんのほとんどがなくなってしまうか、布団とじ糸を廃番にしてしまいました。

そのために、多くの手芸屋さんの店頭から布団とじ糸が姿を消してしまいました。

 

とはいえ、布団とじ糸を必要とされるお客様がゼロになったわけではないので、困っているお客様や手芸屋さんが多いのではないでしょうか?

今回はそんな方達のために、比較的手に入りやすそうな商品で、布団とじ糸の代わりの糸(代用品)になるものをご案内いたします。

布団とじ糸の代わりの糸(代用品)

フジックス株式会社の「都手まり糸」

都手まり糸

絹糸のような光沢を持つ5番手相当の太さの糸です。80色展開。

厳密に言うと布団とじ糸に比べると細いですが、糸の風合いや色合いは申し分ありません。ポリエステル製ですので、堅牢度が高く色あせしませんし、十分な強度と伸度があります。

市場にたくさん流通している糸の中で布団とじ糸の代わりの糸(代用品)として最もおすすめの糸だと思います。
都手まり糸はこちら

フジックス株式会社の「Sara」サラ

Sara

こちらも絹糸のような光沢を持つ5番手相当の太さの糸です。20色展開。少し前からタッセル作りにおすすめの糸として売れています。

都手まり糸によくにた糸で、布団とじ糸の代わりの糸(代用品)としてお使いいただけると思います。
Sara サラはこちら

 

念のために補足しておきます。

布団とじ糸がゼロになっているわけではありません。布団屋さんが使うために流通している商品など、一部のメーカーさんで布団とじ糸をお作りになっています。

ただ、一般的な手芸屋さんの店頭で購入しやすい商品という意味で今回の記事を書いておりますので、御理解いただきたいと思います。

スポンサーリンク

投稿者

下萩浩明(はぎ手芸店オーナー)
手芸店の経営傍ら、手芸教室なども行っております。
全国の手芸ファンのために、ハンドメイドに関する情報や知識を配信してまいります。

お気軽にコメントをお寄せください