糸暦(いとごよみ)

ハンドメイド情報サイト

手作りファブリックパネルの簡単な作り方と材料

殺風景なお部屋のアクセントとして、お気に入りの布をファブリックパネルとして壁に貼る。こんな事を考えているとわくわくしてきますよね。

それも、売ってあるものを買ってきて飾るより、飾る部屋に似合った自分の好きな布を飾った方がだんぜん楽しいと思います。

リビングには高級感のあるすてきな布を、子供部屋にはかわいい布を。プリントできる布を使ってお好みの写真や、パソコンで作った絵を飾るのも楽しいかもしれません。

 

そんなファブリックパネルを簡単に手作りできる材料をご紹介します。クロバー株式会社の「布*パネ」を使うのが最も簡単な作り方。

はぎ手芸店で、試しに一つ作ってみましたが、初めての挑戦にもかかわらず、10分くらいで完成してしまいました。

すごく簡単なのに、仕上がりよくできたと思います。使った布は「なにいろ」のWガーゼです。

ファブリックパネル

 

組み立て式ファブリックパネル「布*パネ」の特長

  • パネルはドライバー1本で組み立てられます。
  • 布を傷めにくく、取り付けが簡単です。
  • 軽い樹脂製フレームは特殊構造で、角の仕上がりがきれいです。
  • 布の張り替えがすぐにできます。
  • フレームパーツを組み替えると、パネルのサイズが変更できます。
  • プリントが映える下敷きボードが付いています。

 

「布*パネ フレームセット」種類と品番

ファブリックパネル

  • 布*パネ フレームセット30×30 品番71-117
  • 布*パネ フレームセット30×40 品番71-118
  • 布*パネ フレームセット 40×40 品番71-119
  • 布*パネ フレームセット40×50 品番71-120

 

さらに、フレームを大きくしたいときには、「布パネ延長フレーム」71-121もあります。

「布*パネ」を使って簡単手作り、お部屋のイメージアップにご利用ください。
布パネ フレームセット

プリントできる布

布にパソコンでプリントする事について説明の中で少し触れましたので、その点について補足しておきます。

パソコンを使ってお好みの絵や写真を布にプリントできる優れものは、河口株式会社の「プリントできる布」です。

写真はリネン布を使った縫い付けタイプ。A4が2枚入りです。品番11-287

 

このほかに種類はいろいろあって、普通の白い布のものもあります。また、縫い付けタイプの他シールタイプ、アイロン接着タイプなどもあります。

この商品についても、ゆっくりご案内したいと思っています。

スポンサードリンク

投稿者

下萩浩明(はぎ手芸店オーナー)
手芸店の経営傍ら、手芸教室なども行っております。
全国の手芸ファンのために、ハンドメイドに関する情報や知識を配信してまいります。

お気軽にコメントをお寄せください