糸暦(いとごよみ)

ハンドメイド情報サイト

夏に合う涼しげなバッグを簡単手作り!転写チュールのバッグの作り方

今回は夏におすすめの手作りバッグをご紹介します。素材はジャスミンの転写チュールです。

布の硬さは無地のハードチュールくらいで、目は細かくなっています。そこに花柄などをプリントした生地となっています。

 

チュールですからプリントの向こうが透けて見えます。夏の手作りバッグを作るのに涼しげで、とても良いですよ。

布に張りがあるので、裏布は必要ありません。針通りが良いですから、らくらく簡単に作れます。

転写チュール

布端の始末は、小さな三つ折りはしにくいので、バイアスを使います。大きく折り曲げられるときは三つ折りでも良いですよ。

転写チュール

バッグの口の部分は幅広く折れるので、三つ折りにしました。

転写チュール

ポーチの裏側です。端の始末にはバイアスを使いました。

転写チュール

ポーチのできあがりです。

ジャスミン 転写チュール 品番#1875 68×50㎝

転写チュール

それでは材料のご紹介。

ジャスミン 転写チュール 品番#1875 68×50㎝

使用した柄番号は M5A699-001です。

このほかきれいな柄がいろいろありますよ。

 

トートバッグの持ち手は、同じくジャスミンのソフトハンドル K281茶色を使いました。

型紙などは特に使わず、サイズも適当です。作る方のお好みサイズで作ってください。

転写チュールはこちら

スポンサードリンク

投稿者

下萩浩明(はぎ手芸店オーナー)
手芸店の経営傍ら、手芸教室なども行っております。
全国の手芸ファンのために、ハンドメイドに関する情報や知識を配信してまいります。

お気軽にコメントをお寄せください