糸暦(いとごよみ)

ハンドメイド情報サイト

おすすめのロックミシン紹介 ロックミシンの選び方(2)

第1回目のおさらい

  • 一般的にロックミシンと呼ばれているのはオーバーロックミシンのことを言います。
  • 世界ではじめて家庭用のロックミシンを作ったのが日本のメーカー「ベビーロック」です。ベビーロックは今でもロックミシンを山形で作り続けています。日本で生産される唯一のロックミシンとして、その日本品質は世界から評価されています。部品の一つ一つ、生産工程、製品の完成度、使いやすさ、耐久製など、どこを切り口にしても圧倒的な実力を持つ製品に仕上がっています。

 

第2回目の今回は、絶対的な品質の高さと使いやすさを誇るベビーロックのオーバーロックミシンを中心におすすめのロックミシンをご紹介します。

ロックミシンをお使いになったことのある方は皆さんご存じですが、ロックミシンは縫い始めるまでの準備(糸かけ)がすごく大変であると言うことが大きな特長です。

自分の指だけではうまく通せないので、ピンセットを使います。この面倒な糸かけが原因で、ロックミシンを使うことが好きではないという方もあります。

 

ところがこんな問題を解決しているのがベビーロックのロックミシン。

空気圧を利用した糸通しで、瞬間的に糸が通ります。縫い始めるまでの準備がとても簡単になっています。

もうひとつロックミシンの難しさは、糸調子の調整なのですが、それも自動糸調子によってベビーロックは解決しています。

使いやすさという視点からもナンバーワンはベビーロックなのです。

2本針4本糸ロックミシン(オーバーロックミシン)

ベビーロックBL69WJ


ベビーロックBL69WJ(一番おすすめのオーバーロックミシン)

  • 1台で7種類の基本縫い

 4本糸縁かがり

4本糸縁かがり

3本糸縁かがり

3本糸縁かがり

2本糸縁かがり

2本糸縁かがり

巻きロック

巻きロック(標準/変形)ほつれやすく、薄い布の端始末に使用します。Wガーゼを使ってハンカチを作るのがおすすめですよ。

  • BL69WJの特長となるWave lock

ウェーブロック

ウェーブロック

巻きウェーブロック

巻きウェーブロック

ロックミシン

普通ロックミシンの縫い目は作品の裏に隠す物ですが、ウェーブロックによって縁かがりが作品のアクセントとなりました。

 

  • ジェットエアスルーシステム

ロックミシンで一番いやなのが上ルーパー 下ルーパーの糸かけ。なれていない人にとってわかりにくくて、ちゃんとかけたつもりでも試し縫いをすると糸が絡まず縫えなかったりします。

そんな悩みを解決してくれたのが、驚きの早さで簡単に糸かけができる世界初のジェットエアスルーシステム。

電動モーターが送り出す空気の力で、パイプの中を目にも止まらぬ速さで糸が通り抜けます。

ロックミシン

  •  自動糸通し(ニューラクスルー)

ロックミシンを使っている人を悩ましているもうひとつのポイントが、針の穴に糸を通すことです。

直線縫いのミシンには自動糸通しが付いているので、簡単に通すことができますが、ロックミシンには自動糸通しが付いている機種が少なく、皆さん苦労して見えます。

直線縫いミシンとは違ってピンセットを使わないと糸を通すことができません。

そんなこともベビーロックは自動糸通し(ニューラクスルー)で解決しています。誰にでも使えるとても便利な糸通しです。

ロックミシン

  • 自動糸調子(ジャストフィットシステム)

ロックミシン

糸が4本あるロックミシンの糸調子は難しいです。一度狂うとなかなか元に戻せないのがロックミシンの糸調子。

それを解決してくれたのがジャストフィットシステム(自動糸調子)。

ほとんどの場合糸調子はミシン任せで良いので、わずらわしさから解放されます。少し調整したい場合には、つまみで微調整することもできます。

 

  • 差動送り(アコーデオン機能)

作動送りというのは生地を伸ばしながら、あるいは生地を縮めながら縫うことができる、ロックミシン特有の機能です。

裏地などの縫い縮みしやすい生地は伸ばしながら縫い、ニットなどの伸びやすい生地は縮めながらきれいに縫い上げます。

ロックミシン

ロックミシン

BL69WJには、まだまだ便利機能がたくさんありますがこの辺にしておきます。

次は、BL69WJよりお値打ちなミシンにどんな物があるのかをご紹介します。

ベビーロックBL65EXS

BL69WJと比較してBL65EXSは

ウェーブロック機能がない

ジェットエアスルーシステム(電動)がエアスルーシステム(手動)となっている

自動糸通しがシンプルな機構の物が付いている
BL65EXSはこちら

ベビーロックBL57EXS

BL65EXSから自動糸調子を外した(一般的な手動の糸調子)のがBL57EXSです。
BL57EXSはこちら

1本針3 本糸ロックミシン(オーバーロックミシン)

2本針4本糸ロックミシンでは、縁かがりをして2本の直線縫いもしていました。

これで2枚の布を縫い合わせることが同時にでたのですが、1本針3本糸ロックミシンは1本の直線縫いとなるために、縫い合わせが十分にできません。

洋服の仕立て(時にニット)には不向きなミシンとなります。

ベビーロックBL24EXS

BL65EXSと比較してBL24EXSは1本針3本糸ロックミシンで

ウェーブロック機能がなく

ジェットエアスルーシステム(電動)がエアスルーシステム(手動)となっていて

作動送りがありません
BL24EXSはこちら

ベビーロックBL34EXS

BL24EXSから自動糸調子を外した(一般的な手動の糸調子)のがBL34EXSです。
BL34EXSはこちら

ここまで、ベビーロックの製品についてご案内してきました。

「ベビーロックの良さは分かったけど、予算的に無理!もう少しやすくておすすめはないの?」と感じている方も多いと思います。そんな方のために次のミシンをご紹介します。

但し以下のベビーロックとの違いは理解しておいてください。

 

ベビーロック以外のロックミシンは

  • 海外生産です。ヘビーユーザーには向きません。
  • エアスルーシステムではないので、糸かけは煩わしくなります。
  • ウェーブ機能はありません。

と、いうことを御理解いただいた上でおすすめするのはこちらの2つです。

ジャノメ 55D 2本針4本糸ロックミシ

ジャノメ 33D 1本針3本糸ロックミシン

価格がリーズナブルな割にはよくできたロックミシンだと思います。どちらも作動送り機能付きで助かります。

かがり縫いと巻き縫いの切り替えも簡単で、上ルーパーの糸かけにも工夫があって簡単になっています。

ジャノメらしくしっかりと作られていてクレームも少ないです。

スポンサーリンク

投稿者

下萩浩明(はぎ手芸店オーナー)

手芸店の経営傍ら、手芸教室なども行っております。

全国の手芸ファンのために、ハンドメイドに関する情報や知識を配信してまいります。


お気軽にコメントをお寄せください