糸暦(いとごよみ)

ハンドメイド情報サイト

洋裁用の型紙「ハトロン紙」の種類と特徴まとめ

洋裁用の型紙、皆さんはどんな風に使っていますか?手芸屋さんから買ってきた型紙や本に付いている型紙をはさみで切って直接使っているでしょうか。

型紙を使うのが1回限りならそれでも良いのですが、繰り返し使っていると型紙が破れてきて困ったりすることがあります。

また、お子様の着るものを作るとき、身長100センチ用で作っていて、お子様が成長したので110センチ用を作りたくても、元の型紙を100センチ用に切ってしまっているので、110センチが作れなくなります。

 

こんな事にならないように型紙の原紙には手を付けず、ハトロン紙に写して使っておけば良かったんですよね。

そんなこと言われなくても分かっているわよ、というベテランの方でも、ハトロン紙にはいろんな種類があることをご存じの方は少ないと思います。そこで今回は、皆さんがあまりご存じではないハトロン紙の種類についてご説明します。

 

今でも型紙を新聞紙に起こして使っている方も多いと思います。省エネという観点からそれで不便を感じていなければ良いことだと思います。でも新聞紙は少し弱いと感じている方もあると思います。手芸屋さんの店頭で昔から売っている茶色のハトロン紙の法が少し紙質が堅いので、使いやすいと思います。でも大きな違いはないので、お好みで使い分ければ良いと思います。

ハトロン紙の種類と特徴まとめ

それでは近頃のハトロン紙にはどんなものがあるのでしょうか。

ほとんどのハトロン紙は少し透けて見える素材になっています。その方が型紙の上に載せて図案を写すのが簡単だからです。さらにそれぞれの特徴があります。

方眼入りハトロン紙

ハトロン紙透ける素材のものと茶色い紙のものがありますが、どちらも5センチ間隔の方眼が入っていて製図が書きやすくなっています。

さらに1ミリ間隔の線が入っているのが日本ヴォーグ社の「製図用紙」

100センチ×70センチの方眼が1ミリ刻みに入っているので、洋裁から編み物まで高度な製図をする方におすすめです。但しこちらは透明感がなく型紙に載せて図案を写すことはできません。
日本ヴォーグ社 製図用紙はこちら

和紙でできたハトロン紙

ハトロン紙カセン和紙工業株式会社の「洋裁用型紙」68センチ×3㍍

  • 和紙のような素材なので、破れにくく長持ちします。
  • 型紙に合わせてニット作品にスチームアイロンがけができます。
  • 他のハトロン紙に比べて透けやすいので書き写す作業が楽です。
  • ロール紙なので使う分だけカットできます。

洋裁用型紙はこちら

不織布のハトロン紙

ハトロン紙クロバー株式会社 「型紙用不織布」品番39-324 100㎝×150㎝ 2枚入り

  • 畳んでもしわになりにくく、保管に便利です。
  • 丈夫で破れにくく、待ち針を刺しても穴が開かないので、繰り返し同じ型紙で作品制作をする場合に便利です。
  • 不織布で作った型紙は、布の上に置いたときになじみやすく、裁断をスムーズに行えます。
  • 紙製の型紙のようにガサガサうるさくありません。

クロバー 型紙用不織布はこちら

従来からのものと同様のハトロン紙

ハトロン紙淸原株式会社 ハトロン紙 品番SEW02 77㎝×108㎝ 5枚入り

  • 薄くて図案が写しやすい
  • 77㎝幅と大きめなので大きめの図案にも使える。

清原 ハトロン紙はこちら

ロールタイプのハトロン紙

ハトロン紙淸原株式会社 ハトロン紙ロールタイプ 品番SEW04 60㎝幅 10㍍巻き

クロバー株式会社 ハトロン紙ロールタイプ品番39-321 60㎝幅 7㍍巻き

クロバー株式会社 ハトロン紙ロールタイプ品番39-322 60㎝幅 21㍍巻き

  • 使う分だけを無駄なくカットできます。
  • 折りぐせがないので、線がきれいに書けます。

ハトロン紙ロールタイプはこちら

カラータイプのハトロン紙

ハトロン紙

クロバー株式会社 ハトロン紙<カラー>品番39-323

78㎝×109㎝ 3色(ブルー ピンク イエロー)

  • よく似たパーツを色分けすることで見分けが付きやすくなります。
  • 小さいパーツの型紙をカラーで作ることによってなくしにくくなります。
  • サイズ展開で型紙を作るとき、色分けすることでわかりやすくなります。
  • 一般的なハトロン紙同様透明感があるので、図案が写しやすい。

ハトロン紙<カラー>はこちら

以上いろんな種類のハトロン紙があります。皆さんの目的に合ったハトロン紙を見つけて快適な手作りライフをおすごしください。

スポンサーリンク

投稿者

下萩浩明(はぎ手芸店オーナー)

手芸店の経営傍ら、手芸教室なども行っております。

全国の手芸ファンのために、ハンドメイドに関する情報や知識を配信してまいります。


お気軽にコメントをお寄せください