糸暦(いとごよみ)

ハンドメイド情報サイト

マジックテープ(面ファスナー)の種類と使い方

マジックテープ(面ファスナー)の種類と使い方

マジックテープ(面ファスナー)を一度も使ったことがない。という方はほとんどないと思います。

ところが皆さん以外に知らないことがあるんですよ。そこで今回のテーマに取り上げてみました。

マジックテープ(面ファスナー)縫製用

 

マジックテープ
kuraray マジックテープ 縫製用

 

一番スタンダードなマジックテープ(面ファスナー)です。ミシンで縫い付けて使います。たくさん必要なときには5㍍巻き25㍍巻きなんていうのもあります。

粘着剤付き

 

マジックテープ
kuraray マジックテープ 粘着用

 

お客様がよく勘違いされているのがこの商品。はぎ手芸店の店頭でいつも説明させていただくのですが、布には使用できません。すぐにはがれてしまいます。

この商品はガラス、タイルなど平滑面によく接着します。

アイロン接着用

 

マジックテープ
kuraray マジックテープ アイロン接着用

 

しっかり接着すれば長く使えます。しかしアイロン接着をしっかりできずはがれてきた。なんていう声もよく聞きます。そんな時には、手間がかかりますが、縫製用をおすすめしています。

 

さらにもう一つ便利なマジックテープをご案内します。

両面マジックテープ

 

この商品は、ほかの商品のようにパックに入った物がありません。それで、はぎ手芸店では

25ミリ×25㍍の物を仕入れして販売しています。

 

そこまでして売っているこの商品の特性は

 

表面と裏面がくっつくマジックテープです。物を縛るためのグッズとして有効です。

マジックテープ マジックテープ

 

こんな風に延長コードに利用していますがとても助かっています。また、手にハンデのある方にも有効な使い道があるように思えます。

マジックテープ(面ファスナー)のお洗濯の仕方について

 

店頭でよく耳にするのが「マジックテープにホコリが詰まって、使えなくなってしまう」こんなご相談を承ることがあります。

 

そんな時の私たちはこんな風にお答えしています。

 

洗濯をするときには、マジックテープの両面を合わせてくっついた状態で選択してください。こうすることによってホコリで目詰まりすることもなくなりますし、マジックテープでほかの洗濯物を傷つける心配もなくなります。

 

ちょっとしたことなのですが、ご存じない方には問題なのです。どんな商品でも使い方を正しく理解している場合とそうでない場合には大変な違いが出てきます。

正しく快適に使っていただけるようにお客様にお伝えしていくことが、私たち専門店の大切な使命だと考えています。これからもそんな情報をできるだけお伝えしていきます。

スポンサーリンク

投稿者

下萩浩明(はぎ手芸店オーナー)
手芸店の経営傍ら、手芸教室なども行っております。
全国の手芸ファンのために、ハンドメイドに関する情報や知識を配信してまいります。

お気軽にコメントをお寄せください