糸暦(いとごよみ)

ハンドメイド情報サイト

太い糸を使った簡単な編み方の本をご紹介

ヒロコがご案内します。

これから手編みに挑戦してみようと思っている初心者の方に、太い糸を使った手編みで小ものを編むことをおすすめします。

太い糸を使ってざくざく編んでしまえば、初心者の方でも簡単に短い時間で小ものを編むことができます。

 

今まで後込みしていた人や、何回か挫折してしまった人もだまされたと思ってチャレンジしてみてください。

たとえ作品がマフラーや帽子などの小ものでも、完成したときの喜びはひとしおですし、それを実際に使っているときのうれしい気持ちはなんともいえないものがあります。

この気持ちは、雑貨屋さんにある小ものを買ってきて使っても味わえませんよ。自分の手で作ることの価値観は、何物にも代えがたいものがあると思います。

 

店頭でも、初心者の方の相談に乗って、編み方の指導をよくします。

後日完成した作品を私たちに見せるためにご来店いただくお客様がたくさん見えますが、その時のにこにこと笑うお客様の表情に私たちもほんとにうれしくなります。

 

初心者の方の手編みですから基礎的な作品ですが、そのお客様と私たちにとってその作品の価値観は最高級です。

こんな時、手あみのすばらしさを再認識します。そしてその喜びを持って次へステップアップしていっていただければと思います。

初心者におすすめ!太い糸を使って短時間で小ものが編める本

さて、前置きが長くなってしまいましたが、初心者の方におすすめの本、太い糸を使って短時間で小ものが編める本をご紹介します。

  • 朝日新聞出版 はじめてでも簡単! 太糸で編む マフラー・帽子・スヌード

編み物 本

こんなデザインの作品の編み図が載っています。

編み物 本

分解写真を使って丁寧に解説。

編み物 本

さあ頑張って トライ!!

はじめてでも簡単!太糸で編むマフラー・帽子・スヌードはこちら

手あみ初心者の方におすすめする編み方の本では、今では当たり前になってきましたが、編み方のひと動作ごとに写真で説明しているので、とてもわかりやすくて良いと思います。

普通の基礎ブックは編み方の解説を中心にしているのに対して、この本の特徴は、マフラーや帽子などの作品を実際に編みながら勉強していくところです。

作品が完成していくので、ただ勉強しているより楽しくて良いのではないでしょうか。

 

次の1冊はこちらです。

  • 日本ヴォーグ社の「ひとめでわかる かぎ針編みの編み目記号」NV70362

こちらは一般的な基礎ブックに近くて、たくさんの編み目記号の紹介とそれぞれの編み方を図を使って説明しています。初心者の方から少し編める方まで幅広くお使いいただけると思います。

そしてこの本の一番の特長はDVDがついていることです。図説だけでわかりにくいことも、動画を見れば数段わかりやすいと思います。

ひとめでわかる かぎ針編みの編み目記号はこちら

今年出版されている本の中ではこの2冊が特徴があっておすすめの本だと思います。

スポンサーリンク

お気軽にコメントをお寄せください